2007年10月 6日 (土)

子供へのプレゼント

いいジュエリ-ショップを見つけました。楽天商店街にあるジュエリ-ラフィネというショップです。見ると確かにいい商品を安く販売しております。妻が娘の独立した記念に購入しましたが、なかなかいいものが安く手に入りよろんでおりました。親バカもいい所ですが子供の喜ぶ顔を見ると親はなんとも言いようがないいい感じになります。母親は特にそうなのでしょう。

株式相場は、もうクリスマス相場、年末相場に入っており、若干のブレはあるとはいえ、内需中心に上昇基調を強めると思います。前回書いたように日本経済は上昇基調に入っている事はまちがいないので、バラ色とまで言いませんが、いい方向に向かっている事はまちがいないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

土地本位制

以前にもチョッと書きましたが土地本位制といわれる日本の地価がジワジワ上げているにもかかわらず、政府はデフレといいますが、下げているのは電機製品のみで他の商品はすべて上げています。地価上昇は、従来の大都市だけでなく、地方の中核都市、便利のよい別荘地にも広がりつつあります。地価は株のような急上昇はありませんが、上がり始めるとじわじわと長期間にわたって上昇します。                            日本は決して広くない国土に1億の人が住んでいますので、経済が活性化してくれば、当然のことながら活動拠点の地価は上がっていきます。現在は種々の経済指標は強弱あい混じっているような感じがしますが、この地価の上昇が続く限り---特に日本人は遅功の人といえるので株より土地に向いているといえますが--株価もアメリカを身ながら上下しながらも、諸外国市場に比べてスピ-ドは遅いけれど、上がり続けることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

日経平均

日経平均17,000円を超えるとなにか曇り空に光がさして来たような感じがします。これもアメリカ人の強気の相場のおかげです。                              日本人の民族性なのか、みんなで渡れば----の社会なので、私のような個人投資家が先回りして買っても、日本の巨大ファンドが安全パイばかりの投資スタンスであることから、なかなか上昇しません。世界中--韓国、香港までも--年初来高値を更新しているのに、日本株は遅々としています。また、個人が海外市場での運用の投信ばかりを皆が買うというのでやはり買うというのも、これもやはり皆で渡れば--という事でしょうか。愚痴めきましたが、明るさが見えてきたようです。次回は土地についてチョッと書きたいことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

夫婦二人の生活

この頃毎日一時間弱歩いております。足の方も徐々に鍛えられ体調が良くなっていくのが日々感じられます。階段の上りは不自由な事はなくなりました。あとは急坂の下り、階段の下りを歩くのが良くなれば全快ですが、まだそれは先のようです。            先日二人目の子供が独立し夫婦二人の生活が始まっていますが、確かに寂しいようでもあり解放されたようでもあり、なにか今まで経験したことのないような変な気分です。このまま何十年(?)も続くのか、また何かおきるのか分かりませんが、今のところ皆なんとかやっているのでいいという事でしょうか。子供達は子供達で自分の生活を築き上げていってくれれば、それで良いので、親の努めは終了ということでしょう。でもまだ何だかんだと話を持ち込まれるのはある程度覚悟はしていますが、それが親の務めということでしょうか。親というのはなかなか報われない職業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

サマ-商戦

足のほうが大分回復してきましたので、おとといよりウヲ-キングを再開しました。まだ一日4~50分程度ですが、歩くと体調も良くなりますので徐々にではありますが体を慣らして行きたいと思っております。健康でなければなにもできませんので、これからも健康に注意して、仕事をやって行きたいと思います。                              仕事は、8月を〆ましたが売上は前月比7%増でした。8月は猛暑 酷暑でとてもいい数字残すのは無理かなあ---と内心思っていましたが、まあまあの数字で一安心です。徐々にではありますが売上は伸びています。                             前回書きました子供の事については次回書きたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

子供の独立

天気予報では今日の夜から涼しくなって過ごしやすくなるとのことです。やっと熱帯夜から解放されます。十分に寝れるでしょう。                              私には2人子供がいますが、今週末2人のうちまだ家にいる方が独立するので、これからは夫婦二人だけの生活になります。寂しくなるか、子供から解放されてうれしくなるのか、週末すぎなければ分からないので今はなんとも言いようがありません。            仕事の方は、8月月次の数字が出てからにしようと思いますので、今週末には8月商戦の結果を書けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

猛暑

今の相場は世界的な信用の収縮なので落ち着くまで様子を見ることにしました。 しかし毎日暑い日が続きますね。一雨ほしいところです。横浜はここの所雨が全然降らないです。庭木に水遣りも暑いので大変です。にわか雨でいいので、ほんのチョッとお湿りが欲しいです。この暑さで小売業の売れ行きは上々との事です。長梅雨で今年の夏はサッパリかと思っていましたが、この好天気で挽回しつつあるとの事です。会社の数字をあづかる者として、この夏どんな数字が出るか期待を持って見守っているところです。数字ですから〆めてみなければ分かりませんが、まあまあの数字が出ると予想しています。期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

円高 株高

台風一過の快晴とはなかなか行きません。雲があって暑いというのが今日の天気です。3連休となると、読むものも見るものも殆どなくなってしまいました。この休み中、マクロ経済についていろいろな所で言われているのが、今年年末にかけて、円安から円高株高への転換ということです。アメリカで不動産バブルが終息に入りつつあること、又貿易収支が改善してきていることにより金利上昇が高まりドルが持ち直して来ているということです。ドル高円安 ユ-ロ高円安です。デフレから脱却目指す日銀としては、早くて来月に金利を上げ円を持ち直し、購買力平価を保とうとするでしょう。当然円キャリ-巻き戻しもあるでしょうし、日本人投資家による外貨資産投資の一部も円転されるものも出て来るでしょう。     このようにみてくると今年後半にかけては、円安効果を享受していた輸出産業のみの好景気から内需も業績を回復しての、底上げ的景気回復になって来るものと思われます。まさにそれが日銀の目指す所だと思います。このような中で資源株 環境株 又円高転換がはっきりして来たならば内需株にも光がさして来るでしょう。              個人的に私の仕事は去年はニッパチ(2月 8月は暇)でしたが、今年は夏に全般的に景気が上向き、誰もが好景気を実感するようになって来ると思います。

      

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

懐疑の中の成長

3,4カ月前のテレビで言っていた「懐疑の中での成長」という言葉が印象的でしたが、今の相場にピッタリ合っているいるように思われます。不安材料が次々出て来ますが、それに気を配りながら日経平均がわずかながら上昇します。このまましばし経ち皆が気づいた時はかなり上がっているという事かもしれません。TOPIX1800の辺りは以前のしこりも多いと報道されていますが、この<成長>でそのしこりが序々に解消されていく事でしょう。期待を持ちましょう。足の方は、重しをつけての筋力強化を朝、晩続けて効果が出て来たのか階段の下り以外は、歩いていても違和感ありません。ほぼ回復して仕事への影響もあまりありません。仕事は完全に月次のル-ティンワ-クになり、無事務めております。絵画の方は、秋の各種展覧会の予備選らしきものがあちこちで行われていますが、なかなか行けないので、秋までには足を完治して回れるようにしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

踊り場

梅雨に入りましたが、例年に比べて雨の量がこの辺でも少ないように思われます。テレビで報道しているのもうなずけます。これも地球温暖化の影響なのでしょうか。足の方は、重しをつけての筋力強化に努めているせいか、痛みもそれ程でなくなり普通に歩けるようになって来ました。日々鍛錬です。相場の方は、何か嵐の前の静けさというか、そうも上がりもしないし下がりもしません。大きくどちらに動くか予想がつかないのが現状ではないでしょうか。こういう時はニュ-ヨ-クの通りに上下するのが日本の習わしですが、今がそうということではないでしょうか。嵐とはなんでしょうか。参院選、日銀の金利上げ、従軍慰安婦問題、日米関係- - - - -あげればきりがないくらい不安材料が前にある事は確かです。外国人もそのせいか細ってきています。しかし、私が最も理解できないのは、この円安時外貨資産を購入するという事です。私のようになけなしの者には、チョッと円が上振れしたら金利益などすぐ飛んでしまうのはとてもやれません。これはどういう事なのでしょうか?分かりかねます。TOPIXが1,800を超えられないのも、この辺が一因ではないでしょうか。今日はNYが上げているので、日経も若干上がるでしょう。では、又近じか書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

«ひざ痛